活動報告

当センターでは、 市民交流を目的とした催しや、様々な国際交流イベント、語学講座などを行っております。

実施期間:平成30年8月28日(火) 10:00~11:30

ゲ ス ト:宝尺 正実さん(宝尺ピッグセンター代表)

 

 良い豚を飼育し、直接、販売している宝尺氏から、これまでの歩みとともに、豚肉についてのノウハウを聴くことができました。今後、若い世代に引き継ぐために頑張っていきたいとのこと。研究熱心な宝尺さんでした。

40281988 2150131865264255 4406128677482397696 n

 

実施日:平成30年6月28日(木) 

時 間:10:00~11:30

ゲ ス ト:福永栄子さん((株)アイロード代表取締役)

 

 米国に住んでいたとき健康を害したことから空気のいい九州など田舎の魅力に感動したことをきっかけに、エコツーリズムが今後のまちづくりの基盤になると信じ起業をしたことなどを話されました。現在、道の駅にある「アウトドアステーションえびの」の管理者にもなっており、今後、ますます活動が活発になってくるとの期待が持たれました。参加者からは「元気が出ました。頑張ってください」との声が上がりました。
 私たちがえびので何気なく見たり、食べたりしている物、伝えられた物、コミュニテイが今後のまちづくりに一番の要になりそうです。
 なお、今回の市民交流喫茶の試食は、地元のメロン農家上谷川さんが栽培されたメロンと香菊のチーズ大福でした。

36301824 2087103618233747 2683146776541659136 n

 

『異文化体験講座』 平成29年7月1日(土)

 九州国際高等学校中国留学生26名が日本の文化である「茶道」を学びました。希望者だけとあって一つ一つの動作についてとても熱心に聞き入っていました。

 また、今後は剣道や弓道にも挑戦したいとの声が上がっていました。なお、指導者は茶道裏千家淡交会の4名の皆さんでした。

IMG 0778

IMG 0783

『市民交流喫茶』第1弾 全3回 ①平成29年10月24日(火)、②11月21日(火)、③12月19日(火)

第1回目 ゲスト 田からモノいっぱいの鬼が島 島主の鬼川利男さん

「クモが飛ぶのを見たことがありますか。」「クモは益虫です。」「タニシが除草してくれます。」など米作りと田んぼの生態など、実践と学習に基づいた話。また、農村文化の継承と、それを守っている農への感謝の念など幅広い角度での講話もありました。

 参加者から「知らないことばかりでたいへん勉強になった。これから、意識を持って米作りと田んぼを観察したい。」「農村文化継承をもっと学びたい。」などの声が寄せられました。 コーヒーと地元のお菓子をいただきながら和やかな雰囲気で交流が広がりました。

IMG 0874

第2回目 ゲスト えびの市起業支援センター  インキュベーションマネージャーの坂本文夫さん

 センターの紹介と現状、及び起業における各種相談に応じていることの説明があり、参加者からの様々な質問等にも答えていただきました。
 坂本さんが、起業で一番大事なことは「強い意欲です。」と話されたのが印象的でした。

IMG 0924

第3回目 ゲスト 日章学園九州国際高等学校長 馬籠勝典さん

 

『ハロウィーンパーティ』 平成29年10月28日(土)

市内小学3年生~6年生を対象としたハロウィーンパーティを行いました。
県内や湧水町の国際交流員やALT(外国語指導助手講師)5人が各グループのリーダーとなり、子どもたちと一緒にゲームや仮装コンテストなどで盛り上がりました。
県の国際交流員からハロウィーンの由来や”トリックオアトリート”の説明を受けた後、海外で行われているゲームや、お化け屋敷を体験しながら英会話で受け答えをして楽しく学んでいました。

DSC 5177

DSC 5207

DSC 5159

えびの市国際交流センター

〒889-4243 えびの市大字榎田388番地1

   TEL: 0984-35-3211

   FAX: 0984-35-3215

[指定管理者] NPO法人えびの市国際交流協会